イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

オンライン飾り巻き寿司入門クラス

日曜日 27/09/2020 @ 10:30 - 12:30

$40 – $41

【オンラインクラス】飾り巻き寿司入門クラス

 

日本を代表するお寿司は有名ですが、

切り分ける時に可愛い柄が出てくるお寿司は

作る人はもちろん、食べる人も大喜びする巻き寿司です。

初めての人でも簡単で材料もそろえやすいものばかりです。

飾り巻き寿司の基礎をしっかりとご指導いたします。

一緒に巻き寿司にチャレンジしてみませんか。

 

酢飯について

事前にご用意をお願いいたします。

酢飯もご一緒に作りたい方はお問い合わせください。(info@alchemist.sg)

 

★事前に準備が必要な材料は以下の通りです。

酢飯もしくは白米(290ℊ=約1カップ、事前に計量をお願いします。)、ユカリ、きゅうり、のり、青のりもしくは緑色のふりかけ、

(詳細はお申し込み後のレシピでお知らせいたします)

★必要な道具

巻す、ビニール手袋(すし飯が手にくっつかないため)、

まな板、包丁、はかり、ラップ、ご飯を入れる小さい目のボウルかお椀など
水を入れて包丁をつけられるような入れ物(タッパ容器でも良い)

濡れ布巾

 

【講師 河崎 千代美】

美味しくてほっとする。そして毎日食べても飽きずにまた食べたくなるぬくもりがある。ごく普通の和食の献立、それらを目の前にすると私たちはどこかほっとした気分になります。だしの「うまみ」を上手に使うことによって脂肪分の少ない健康的な食生活が実現できます。和食はむずかしいと思われがちですが、じつは非常にシンプルで簡単です。上質な昆布とかつお節から作る“だし”をふんだんに使って一汁三菜を基本としたレッスンを開催しています。 また家庭で入る素材で再現可能なお菓子作りも開催させ頂いております。

毎日食べたい、毎日食べても飽きない“普段着の和食”、”おうちのご馳走”にこだわり、手軽で美味しい和食ごはん・お菓子を作っていただけるよう基本やコツをわかりやすくお伝えします。

 

活動 2017年度 寿司大使/2017年~ 昆布大使/2017年~ お味噌汁復活委員会 委員

 

指導歴     2011年フォーシーズンホテルシェフ(エジプトアレキサンドリア)シェフにお寿司にあうおかず、家庭料理などを指導する。

2013年日本にて飾り巻き寿司の普及指導にあたる

2014年~和食(おばんざい)家庭料理などエジプトで食の苦労をした体験から、海外でも美味しく  日本の家庭料理を作るための指導・研究をシンガポールで始める。

2017年~和食や日本の家庭料理が作れるメイドの育成(指導)に関わる。延べ1000人超のメイドに指導している。

2017年~シンガポール日本人会で、飾り巻き寿司と日本の家庭料理講座、四季のおばんざい講座、親子で飾り巻き寿司講座を担当し指導にあたる。

2018年~メイドの料理だけでなく、掃除や日々の作業についても総合的な個人指導を始める。

2019年~マレーシアでメイドレッスン、和食おばんざい料理教室を開催するSpoonfulの提携講師として、SHISEIDOはじめ各種大手企業のイベントでも活躍。

 

【諸条件抜粋:全体(TERMS & CONDITIONS APPLY)も含め必ずご一読・ご理解の上、弊社イベントにお申込み下さい。】

クラス申込後、レシピを1週間前~3日前を目安にお送りしております。 レシピ送信後のキャンセルは100%キャンセル料金がかかります。

お申し込みは9月25日午後4時までにお願いいたします

個々の食のアレルギーへの対応は弊社では受けておりません。 個人の責任においてイベントにご参加下さい。

参加に際しては、ZOOMに接続できるディバイス、WIFI環境が必要になります。

クラス中はZOOMクラスの様子を弊社にてビデオ録画します。 

ビデオは今後弊社のマーケティングや、後日有料でビデオを観たい方にお見せする場合(販売)もございます。 この為、映り込みをご希望されない方は出欠ご確認後、ビデオをオフにして下さい。

Share this
Share

会場

Online

Tickets

The numbers below include tickets for this event already in your cart. Clicking "Get Tickets" will allow you to edit any existing attendee information as well as change ticket quantities.
Tickets are no longer available