イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

オンライン【昆布クラス・ビーガン編】

日曜日 29/11/2020 @ 10:00 - 11:30

$35 – $36

※※※※※このクラスは英語の通訳が入るクラスで、またベーガンレシピになります。日本語のみのクラス・ベーガンではないレシピをご希望の方は11月15日にクラスの受講をお願いいたします。こちら(URL)※※※※※

 

昆布水の産みの親、昆布問屋歴50年の昆布のエキスパート「こんぶおじさん・喜多條清光氏」によるシンガポール初の「昆布の旨味」オンラインクラスを開催します。 

昆布の「旨味と健康、その効用」について、世界的に注目が集っている、昆布について、エキスパートより学んでみませんか。

昆布には大変多くの健康・美容に多くの効用があります

昆布を知ることでより人生が豊かになります。

普段のご家庭での調理に使用できるレシピもシンガポール在住和食料理研究家河崎千代美講師が料理デモをし、

ご紹介させていただきます。

「昆布の旨味」講師:喜多條清光氏

「昆布利用のお料理」講師:河崎千代美

内容:

  • 昆布の歴史
  • 昆布の栄養素
  • 昆布のグルタミン酸についてと味覚の初期化
  • 昆布を使ったお料理クラス 講師:河崎千代美
  • 昆布の危機
  • 昆布の未来
  • まとめ

 

今回のクラスでお伝えするレシピ

―昆布お味噌汁(時短なお味噌汁です)

―昆布ピザ(子供にも大人気のレシピ)

―昆布のおつまみ

 

喜多条清光氏プロフィール

昆布問屋になって50年、昆布屋に生まれてきた意義を認識し、現在、世界に昆布による「UMAMIと健康」のPRと啓蒙活動行っている。 昆布水の産みの親としても知られ、昆布の「UMAMI」を責任をもって伝えることを使命としている。

河崎千代美氏プロフィール

 

活動 2017年度 寿司大使/2017年~ 昆布大使/2017年~ お味噌汁復活委員会 委員

 

指導歴     2011年フォーシーズンホテルシェフ(エジプトアレキサンドリア)シェフにお寿司にあうおかず、家庭料理などを指導する。

2013年日本にて飾り巻き寿司の普及指導にあたる

2014年~和食(おばんざい)家庭料理などエジプトで食の苦労をした体験から、海外でも美味しく  日本の家庭料理を作るための指導・研究をシンガポールで始める。

2017年~和食や日本の家庭料理が作れるメイドの育成(指導)に関わる。延べ1000人超のメイドに指導している。

2017年~シンガポール日本人会で、飾り巻き寿司と日本の家庭料理講座、四季のおばんざい講座、親子で飾り巻き寿司講座を担当し指導にあたる。

2018年~メイドの料理だけでなく、掃除や日々の作業についても総合的な個人指導を始める。

2019年~マレーシアでメイドレッスン、和食おばんざい料理教室を開催するSpoonfulの提携講師として、SHISEIDOはじめ各種大手企業のイベントでも活躍。

 

(喜多條氏プロデュースの昆布をご希望される場合)

2020中のみECサイトよりお申込みされた場合は、海外、シンガポールへ送料無料でお送りできます。

 ECサイトhttps://shop-kombu.com

 

 

【諸条件抜粋:全体(TERMS & CONDITIONS APPLY)も含め必ずご一読・ご理解の上、弊社イベントにお申込み下さい。】

クラス申込後、レシピを1週間前~3日前を目安にお送りしております。 レシピ送信後のキャンセルは100%キャンセル料金がかかります。

お申し込みは11月27日午後4時までにお願いいたします

個々の食のアレルギーへの対応は弊社では受けておりません。 個人の責任においてイベントにご参加下さい。

参加に際しては、ZOOMに接続できるディバイス、WIFI環境が必要になります。

クラス中はZOOMクラスの様子を弊社にてビデオ録画します。 

ビデオは今後弊社のマーケティングや、後日有料でビデオを観たい方にお見せする場合(販売)もございます。 この為、映り込みをご希望されない方は出欠ご確認後、ビデオをオフにして下さい。

Share this
Share

Tickets

The numbers below include tickets for this event already in your cart. Clicking "Get Tickets" will allow you to edit any existing attendee information as well as change ticket quantities.
Tickets are no longer available