イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

第6弾[フレンチBAKING&COOKING]クレープとそば粉で作るガレット

火曜日 02/02/2021 @ 10:30 - 12:00

$10 – $36

第6弾[フレンチBAKING&COOKING]

2月2日はクレープで祝うシャンドラーの日、一緒にクレープを焼きませんか?

蕎麦粉で作るクレープ“ガレット”も一緒に作りましょう。

※以前クレープクラスにご参加の方で

<蕎麦粉で作るクレープ,ガレット>だけをご希望の方は

チケット$10でご購入いただけます!

(ご不明な方はinfo@alchemist.sgまでお問合せください)

 

そもそもシャンドラーとは一体どんな日なのか、

その由来をWikipediaで調べたところ、

2月2日はクリスマス、つまりキリストの誕生からちょうど40日を数え、

幼子イエスがはじめてエルサレムに連れて来られ神殿
で神に捧げられたことを記念する日なのだそう。

で、なぜフランスではこの日にクレープを食べるのか?これについては諸説あり、

ローマ教皇がその昔ローマを訪れた巡礼者たちにクレープを振舞ったという話や、

イエス・キリストが授けられた光(宗教画でよく描かれる丸い後光のようなかたち)に似ているからという話など言い伝えはさまざまです。

 

クラスで作るもの。

 

クレープ生地
クレープシュゼット

オレンジ果汁とグランマニエ酒などのオレンジリキュールで作ったソースに、焼きオレンジを添えます。

塩バターキャラメル

バターと砂糖で、手作りして、焼きバナナを添えます。

 

 

蕎麦粉のクレープ ガレット生地
ガレットコンプレ (卵、チーズ、ハムで作る、ランチがわりになるしょっぱいクレープです。)
きのこのフリカッセのクレープ (きのこを生クリームで煮込んだ具を準備して、クレープにのせます。)
蕎麦粉で作るので、健康的です。ガレットにむく蕎麦粉をシンガポールで購入する場所をご指南します。

 

クラスのスケジュール

蕎麦粉のクレープは、最低6時間、クレープは最低3時間、出来れば、一晩ぐらいおくと、
薄く伸ばすことができて、本格的なクレープが作れます。

生地作りは前日2月1日午前11時よりオンラインでお伝えします。
ご参加できない場合は生地作りクラス後、ビデオをお送りします。

(ご希望をお聞かせください。)

2月1日 :11時からクレープ生地作り 11時15分からそば粉クレープ生地作り 計30分

2月2日 : 10時半から1時間半 具作りとクレープ2種を焼いていきます。

10時半から45分目安。 クレープ2種、そば粉のクレープ2種の具を準備していきます。
11時15分から、クレープを焼き、その後、そば粉のクレープ を焼きます。 12時終了

 

必要なもの
生地をつくる時。ボールと泡立て器 混ぜる時にはボール、冷蔵庫にキープする時にはタッパーへ。

具を作る時。 塩バターキャラメル、クレープシュゼットのオレンジソース、きのこのフリカッセにそれぞ
れフライパンが必要ですが、希望のものを1品、のちにビデオでゆっくりと作っていただいてもいいです。

焼く時。 テフロン加工のフライパン、できるだけ大きい方がいいと思います。クレープパンがあれば、尚良いです。

※ クレープパンをシンガポールで購入ご希望の方、ご指南いたします。ガス台使用タイプ。

必要な食材

クレープ&蕎麦粉のクレープ 小麦粉 蕎麦粉 卵 牛乳 バター
具材 卵 ハム チーズ きのこ 生クリーム オレンジ オレンジリキュール バター 砂糖

 

クレープを焼く時に、クレープ線用の道具、トンボとクレープ用
スパチュラ(長めのフライ返し) 、レードル(お玉)

詳細はクラスお申し込み後にお伝えいたします。

 

【諸条件抜粋:全体(TERMS & CONDITIONS APPLY)も含め必ずご一読・ご理解の上、弊社イベントにお申込み下さい。】

クラス申込後、レシピを1週間前~3日前を目安にお送りしております。 レシピ送信後のキャンセルは100%キャンセル料金がかかります。

個々の食のアレルギーへの対応は弊社では受けておりません。 個人の責任においてイベントにご参加下さい。

参加に際しては、ZOOMに接続できるディバイス、WIFI環境が必要になります。

クラス中はZOOMクラスの様子を弊社にてビデオ録画します。 

ビデオは今後弊社のマーケティングや、後日有料でビデオを観たい方にお見せする場合(販売)もございます。 この為、映り込みをご希望されない方は出欠ご確認後、ビデオをオフにして下さい。

講師プロフィール(シモン英子)
Mdme Eiko Simon
10年のパリ滞在時に、パリの料理学校、ブーランジェリーでパンの修業を積む。
現在シンガポールからニュージーランドに拠点を移してSpoonfulのパン、フランス料理講師として活躍中。
フランス人の義母から受け継いだフランスの食文化のご紹介も、
料理と合わせてクラス内でご紹介し、一度で2度美味しいクラスを実施中。
シンガポール日本人会での定期的に講師を務める。
Ryo-ken (Tokyo 2014) Master Chef Techniques
La Cuisine des Chefs (Paris 2013-4)
MAISON LANDEMAINE ( Paris 2015 )
Ecole de Boulangerie EBP

 

Share this
Share this
Share

Tickets

The numbers below include tickets for this event already in your cart. Clicking "Get Tickets" will allow you to edit any existing attendee information as well as change ticket quantities.
Tickets are no longer available